『モスキートキラーランプ』で飛来する虫を撃退!

スポンサーリンク

T-STYLEです!


夏に向けて就寝時の強い味方をGEARBEST様よりご提供いただきました。




T-STYLE自身、初めて取り入れるアイテムなので

スペックや製品の仕組み・効果などをレビューしていきます。



スペック

サイズ
直径:12.5cm
高さ:19cm
重量:270g

電圧:5V
消費電力:5W
周波数:50Hz
パッケージ内容:本体・USBケーブル


270gという軽さで虫からの脅威を防げるのは嬉しいですね。




次はモスキートキラーランプの仕組みについて見てみましょう。



モスキートキラーランプの仕組み

上部にある青いライトは虫が好むとされている

365nm(ナノミクロン)の光です。



まずはこの光で虫をおびき寄せて

内部からの吸引とファンによって駆除します。




その後、虫は最下部にあるスペースに落ちます。




火も使わず、気になる匂いも発生しない仕組みで

安全に虫を駆除することができます。



続いてモスキートキラーランプの良い部分を挙げていきます。



モスキートキラーランプのココが良い!

音が静か
内部で動くファンが発する音は35db(デシベル)

デシベルは音のレベルを示す単位で

30db~35dbの音は郊外の深夜や病室内、落葉の音に例えられます。


実際に使用していても

光っていなければ稼動させているのを忘れるほど静かでした。



モバイルバッテリーで動く
消費電力は5Wなのでスマホの充電とほぼ同じです。


T-STYLEもフィールドでモバイルバッテリーを使って稼動させましたが

しっかりと光り、虫を集めていました。





車内でも稼動する
車でUSB電源が使える環境であれば

モスキートキラーランプを稼動させることが出来ます。


これなら、キャンプ中に車内へ入り込んでしまった虫も撃退できますし

車中泊でも活躍できますよね。


キャンプからの帰宅中に

「車内に入り込んだ虫で運転に集中できない」

という事態を防ぐことが出来ます。



安全性が高い
テント内やお子様が居る環境では

以下のような気になることも多いですよね。
  • 虫除けに含まれる成分
  • 一酸化炭が及ぼす影響
  • 火傷
  • 火事の恐れ

内部のファンを使う方法なら安全性が保たれます。


最後にこの製品の気になる点も述べておきましょう。



注意点

虫が見える
キャンプ中に稼動させれば

最下部のスペースには虫の息絶えた姿が・・・


その姿を見るのも苦手という方は

横に中身の見えないビニール袋などを用意しておき

蓋を開ける瞬間から目をそらして対処してしましょう!


あらかじめ空の状態で作業方法を予習しておくと

よりスムーズに処理できます。



まとめ

この軽さ安全性を保てる構造で

周りに寄る虫を防げるのは嬉しいですね。

車内やテント内、もちろん自宅でも使えるアイテムです!

T-STYLE
T-STYLEは結果を見るため
使用後に最下部のスペースを直視しましたが
予想以上に多くの収穫が見られました!

蚊以外の小さな虫も入っていましたよ^^

5月でこの様子なので夏にはもっと多く虫が撃退できそうです☆

SNSでいう「いいね!」的なやつです。
押してくれるとモチベーションがとっても上がります(^^)/

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ



スポンサーリンク