期待の新作!?モンベルの焚き火台『フォールディング ファイヤーピット』

スポンサーリンク

T-STYLEです!


あの有名メーカーmont-bell(モンベル)から

2020年 春夏の注目商品が発表されました。



寝袋アパレルも多数出るようですが

中でもT-STYLEが注目したのがこちら

焚き火台フォールディング ファイヤーピットです!




まだまだ発表されている情報は少ないですが

どのような商品なのか迫っていきましょう!



商品の構造とスペック

簡単に折り畳んで持ち運びができるたき火台です。
独自の二重・深型構造による二次燃焼とドラフト効果により、高い燃焼効率を実し、煙や煤の発生を抑えます。
焼き網が付属しており、バーベキューも楽しめます。

参考:montbell公式サイト


寸法などが公開されていませんが

キャプテンスタッグの焚き火台 V型 スマートグリル

UCOのフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピットのような

三角柱を横にした形状の焚き火台

DODのめちゃもえファイヤーを足して2で割ったような構造に見えます。


5角柱を横にしたような形状が特徴的ですね。


寸法は幅が35〜40cm程度

高さは25cm前後

素材はステンレス製といったところでしょうか?


続いてこの焚き火台の良さそうな点に注目していきます!



ポイント

収納性
簡単に折り畳んで持ち運べる

と書いてあることから脚がどのように畳むかがわかりませんが

薪を入れる部分は薄型に収納できそうですね。


底面と短い方の側面を折り畳めそうなので

厚みは4cmほどと予想します

そうなるとザックの背面やちょっとした隙間に収納できます。



燃焼効率の良さ
独自の二重・深型構造による二次燃焼とドラフト効果

と文章にもあります。


写真を見る限りモンベルのロゴがある側面の穴から風を取り込むことで

ドラフト効果(煙突効果)を発揮しそうです。




灰が落ちにくい
底面の構造はまだわかりませんが

写真を見た所大きめの穴がありませんね。


そのため地面に落ちる灰が少なく

芝生のキャンプ場などでも気兼ねなく使えそうです。


独自の二重・深型構造とあるので

内側にしっかりとしたロストル灰受けがありそう・・・

この構造には注目したいですね!



続いて画像から懸念される部分もチェックしていきます。



気になった点

収納袋は?
モンベルのコットン製品というのは耳馴染みがないように思います。

丈夫で使いやすい収納袋などは付くのでしょうか?


焚き火台は煤汚れが付き物なので

他のギアを煤から守るためにも

使い勝手の良い収納袋が付属すると嬉しいですね!



焼き網の形状は?
文章では焼き網が付属しており、バーベキューも楽しめます。という記載がありますが

焼き網が写真では確認できません。


単一方向の網なのか格子状の網なのか

スペアの網のコスパはどのくらいか

といったところにも注目したいですね。



炭でも使える?
深型構造とのことですが、炭火料理を行う際に

ちょっと深すぎないかが心配です。


炭火料理にも対応できる工夫がなされているか気になりますね!


焚き火台としての製品なので炭火料理には不向きとも考えられます。


しかし、ダッヂオーブン用のフォールディング ファイヤーピット クッカースタンド

発売されるようなので炭火料理にも対応できる仕掛けに期待が持てそうです。



まとめ

モンベルから初の焚き火台発売!

Function is Beauty(機能美)Light & Fast(軽量と迅速)をコンセプトとしている

モンベルだからこそ設計できる

素早くシンプルに焚き火を楽しめ、軽量に持ち運べる焚き火台に期待が高まります。


オンラインショップへの新商品の掲載は、2月中旬を予定しています。

とのことなので今後の情報が待ち遠しいです。


T-STYLE
販売詳細情報はいつ頃発表なのでしょうか?
まだまだ予想の段階なので記事の内容が大外れした際にはご容赦ください。

今後、詳細がわかり次第追記していきます!

SNSでいう「いいね!」的なやつです。
押してくれるとモチベーションがとっても上がります(^^)/

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ



スポンサーリンク