オプションパーツでブッシュボックスを使いこなす!

スポンサーリンク

T-STYLEです!


ブッシュボックス(Bushbox)で遊ぶために

活用術シンデレラフィットなアイテムを見つけたので

今回はブッシュボックス活用術についてお伝えしていきます。




使用するアイテム

付属のトライベット(五徳の役割をする棒)
付属のトライベットは計4箇所から配置を選ぶことができます。




そのため、アルコールストーブを使う際にも高さが選べますね。


熱し始めてから動かすのは難しいため

ずっと弱火でいい料理には一番下の位置

ずっと強火の料理の場合は一番上の位置というような選択肢になります。



トライベットの代用品
トライベットをアルコールストーブを支える役割とした場合

鍋底を支えるための五徳がなくなってしまいます。


そんな時に最適なのが

100円均一で売られているコチラの串です。



この串でもアルコールストーブを支えることができます。



このアイテムがあればトライベットを使い

小さな鍋やシェラカップでお湯を沸かすことができます。





ブッシュボックスで焼肉や海鮮焼きを楽しむ場には

バーナーパットセラミック焼き網がおすすめです!



焚き火でパンを焼く・お惣菜の天ぷらをカリカリにするといった使い方もできます。




大きさ的には15×15cmの網がピッタリサイズなので

100円均一で売られている網でも代用はできますが・・・




セラミック焼き網は表面が焦げ付きにくいフッ素加工が施されております。


さらに、セラミック部分が炎を程よく分散させてくれるため

上記のような料理が一層美味しく楽しめるというわけですね。





バットを敷く
ブッシュボックス単品で焚き火を行うと

地面との距離が近いため地面へのダメージがやや大きいです。


そのためB5サイズのバットを敷いて使うことで

地面へのダメージを減らすことができます。



また、このバットがあれば本体に触らずにブッシュボックスの位置を移動できます。

突然の雨など急いで移動したい時にとても便利です。



まとめ

焚き火だけでなくアルコールストーブを使った調理や

網を使用した調理法などを取り入れることで

ブッシュボックスの活躍シーンはどんどん広がっていきます。


シンデレラフィットのアイテムを見つけて

独自のスタイルで楽しむ事もキャンプでの醍醐味のひとつですね。



T-STYLE
今回ご紹介したはブッシュボックス収納袋のポケットに収めて一緒に持ち運ぶことができます。

収納サイズも嵩張らないので是非セットにしておきたいアイテムですね。

SNSでいう「いいね!」的なやつです。
押してくれるとモチベーションがとっても上がります(^^)/

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ



スポンサーリンク