キャンプの朝にはホットサンド!

スポンサーリンク

T-STYLEです!

キャンプの朝ごはんにおすすめしたいのが

ホットサンドです!


撤収が控えた、忙しい朝にぴったりのメニューである

ホットサンドの利点と使えるギアをご紹介します。




ホットサンドとは

ホットサンドとは、名称そのまま温かいサンドイッチのことです。

なかでも今回の記事内では

ホットサンドメーカーで作るサンドイッチで

目覚めを促すコーヒーとも相性抜群です。



朝食をホットサンドにする利点

残り物を流用できる
夕食であまった肉料理などのおかずをパンに挟んで食べることが出来ます。

ホットサンドメーカーで焼くことによって温めなおしの役割を果たし

パンに挟むことで前日とは違った味を楽しむことが出来ます。



洗い物が少ない
ホットサンドは手づかみで食べることが出来るので

お皿やカトラリーは必要ありません。


具材次第で包丁(ナイフ)やまな板も不要となるので

洗うのはホットサンドメーカーのみです。


外側まで熱々なのでお子様用は火傷と食べこぼし防止に

キッチンペーパーやペーパーナプキンで包んであげると安心ですね。


さらに

フッ素加工などが施してあるホットサンドメーカーを使えば


こびりつくような汚れがつかず

さっと洗い流すだけで片付けが完了します。



火元の用意も楽チン
加熱時間は両面あわせて10分掛からないので

固形燃料でも充分対応可能です。

そのほかにもP-153レギュレーターストーブ

アルコールバーナーなど

火元を選ばずに調理可能なのでお手持ちの片づけが容易なものを選んで使えます。



レパートリー豊富
前述した夕食の残りを使うメニューを始め

具材を変えるだけで様々なメニューが楽しめます。


ハムやチーズを使った塩気のあるものから

ジャムやクリームを使った甘味のあるものまで選べるのは嬉しいですね。



調理時間が短い
ホットサンドメーカーは直火で温めるので

片面約3分ずつ程度の作成時間です。


挟む具材の用意やプレヒート(余熱)をカウントしても

10分~15分で調理は完了します。




このように忙しい朝にもぴったりで

手づかみでお子様も食べやすく

レパートリー豊富なメニューは他にはない魅力ですね。


続いてホッドサンド作りには欠かせない

ホットサンドメーカーを紹介します。



各社ホットサンドメーカー

バウルー
老舗とも呼べる40年以上の歴史を誇るバウルー

ブラジルのパン焼き器を起源とした日本の製品です。


シングルとダブルと呼ばれる二つの構造があり

シングルは少し圧着力が落ちますが具沢山なホットサンドを

ダブルは耳までカリッと中はふわふわで真ん中に切れ目の入ったホットサンドが作れます。


どちらの形状もフッ素加工なのでお手入れも楽チンです。





キャプテンスタッグ
シングル構造であるため耳の圧着はやや弱めですが

上下が分離できる構造となっているため

ホットサンドだけでなくフランパンとしても活用できます。

内側もフッ素加工が施してあります。




コールマン
こちらは対角線に仕切りがついているので

三角形のホットサンドが出来上がります。

焼き目がロゴの形になるのも可愛らしく魅力的です。


取っ手が取り外し可能で収納袋も付属しているためコンパクトに収納できます。




スノーピーク
持ち手が折りたため、プレート部分も上下に分離が可能です。

折りたたみ後は付属の巾着袋に入れて持ち運べるので収納力は抜群です。



このほかにもロゴスCHUMSなど様々なメーカーから

ホットサンドメーカーが発売されています。



まとめ

ホットサンドは調理時間と洗い物が少なく

容易に様々なバリエーションが楽しめるキャンプにぴったりなメニューです。


お気に入りのホットサンドメーカーを見つけ

美味しいホットサンド作りを楽しんじゃいましょう♪


T-STYLE
ホットサンドを作る際にはバターをプレート表面に塗ると
カリッと綺麗に焼き色のついたホットサンドが出来上がります。


油分はパンに吸収されるので意外と手はべたつかず
風にさらされてもパサパサにならない美味しいホットサンドが楽しめます。

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。



スポンサーリンク