バウルーダブルで作るカリッと美味しいホットサンド

スポンサーリンク

T-STYLEです!

キャンプ欲をごまかすためにホットサンドを作成したら

余計キャンプに行きたくなりました。




今回はキャンプでも自宅でも簡単においしくホットサンドが作れる

バウルーダブルの魅力に迫ります。





バウルーとは

イタリア商事株式会社が発売している

直火で焼き上げるホットサンドメーカーのことです。


名称はブラジルサンパウロ州バウルー村(現在はバウルー市)に由来します。


日本人男性がブラジルのパン焼き器を日本に持ち帰り

日本のスタンダードな食パンに合わせた製品改良を経て

現在まで40年以上も親しまれている調理用ギアです。


バウルーはシングルダブルの2タイプが発売されており

バウルーダブルは鉄板の真ん中にラインが入った構造で

焼きあがったホットサンドが簡単に2等分できるようになっています。



バウルーダブルのスペック

サイズ
柄を含む長さ:35cm
幅:14.5cm
厚み:3.7cm

重量:420g
調理法式:直火式※IHは使用不可
生産国:日本
素材・材質:アルミダイキャスト、フェノール樹脂、フッ素樹脂


厚みは3.7cmと隙間に滑り込ませるように収納できます。

フッ素樹脂は焦げ付きが少なく

洗浄が楽なので忙しい朝にもぴったりですね。



実感したメリット

食パンがぴったり
ホットサンドメーカーの中には食パンの耳を切る前提の製品や

半分に切ってから調理するものなどがありますが


バウルーダブルは食パンの耳をつけたままぴったり収まる

まさにシンデレラフィットなサイズです。


具材の厚みを確保するため8枚切りがベストマッチです。



しっかり圧着される
バウルーダブルは真ん中にラインがはいっているため

シングル構造のものよりも鉄板内でパンが圧縮されます。


そのため耳から真ん中のラインまでがしっかりと圧着され

こぼれにくく食べやすいホットサンドが出来上がります。



カリッと食感がたまらない美味しさ
耳までしっかりと入る構造と真ん中のラインにより

パン耳と真ん中の部分がカリッとした独特の食感になります。



ぎっちり感がすごい
上記同様、バウルーダブルの真ん中にあるラインにより

具材も左右に分けられ鉄板に沿うように圧縮されます。


かじりついた時の具材があふれ出すような食感が溜まりません。


コツはバウルーダブルが閉まるギリギリまで具材を詰め込むことです。





バウルーダブルの注意点

煤は禁物
表面のコーティングやメーカーロゴの細かい部分を綺麗に保ちたい場合

煤が付着する焚き火での調理は禁物です。

ガスやアルコールなどを使った煤の付かない加熱方法を選ぶのが良いです。



折り畳みが出来ない
バウルーダブルは折り畳みや分解ができません。

しかし、折りたたみや分解機能があると継ぎ目部分がどうしても弱くなりますが

それが無い分安心して具材を詰め込み圧縮することができます。


取り出したら、すぐに調理開始できる。という利点にも繋がりますね。



バウルーダブル活用術

2つの味を同時に
左右で違う具材を挟み2つの味のホットサンドを同時に作ることが可能です。

ソロキャンプで2つの味を楽しみたいけれど

食パン4枚+具材は量が多い!という悩みを解消できます。



フライパンとして
フッ素樹脂加工が施されているため

焦げ付かず綺麗に焼くことができます。

左右に分かれているので目玉焼きであれば2つ同時に焼き上げることも可能です。



2品目作成できる
ホッドサンドメーカーにはご飯をはさんで焼きおにぎりを作る

と言う活用術も有りますが

バウルーダブルであれば片方でホットサンド

もう片方で焼きおにぎりと言うような作り分けも可能です。



まとめ

耳までカリッと美味しさのたっぷり詰まったホットサンドが

組み立て等の手間無く、すぐに調理開始できるバウルーダブル。


忙しい朝や時間の限られたデイキャンプにもぴったりです。





以上、バウルーダブルについてのレビューでした。



ホットサンドやホットサンドメーカー全般についてはこちら

キャンプの朝にはホットサンド!

2018.04.12

T-STYLE
プレヒート後の鉄板は非常に熱くなっています。

食パンや具材を置く際には手が鉄板に触れないよう注意してください。

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。





スポンサーリンク

ツイッターでT-STYLEを