収納におすすめ!アルミコンテナ

スポンサーリンク

T-STYLEです!

車への積み下ろしや

部屋での保管を考えるとキャンプ用品は

見栄え良く、丈夫な箱にまとめていくのが実用的です。


今回は数ある収納箱のなかでも

T-STYLEが特に重宝しているアルミコンテナの魅力に迫ります。

※T-STYLEが使用しているのはDULTONのアルミコンテナです。
この記事では以下の類似品のスペックを元に書いています。





収納箱は必要?

これはキャンプの仲間内でもよく聞く話ですが

車にキャンプ道具を積み込もうと玄関に荷物をまとめ

キャンプに向かったは良いものの

端にあった「あの道具」積み忘れた・・・


このような苦い経験は誰しも1度はあるのではないでしょうか?^^


収納箱1つに纏まっていればこのような積み忘れは無くなり

物を積み込むために玄関と車を往復する回数も激減します。



アルミコンテナのスペック


Sサイズ


外寸:幅51.5×奥32×高さ23cm
厚み:0.8mm
容量:約30L
重量:約2.65kg



Mサイズ


外寸:幅57×奥37.4×高さ27.4cm
厚み:0.8mm
容量:約50L
重量:約3.15kg



Lサイズ


外寸:幅77×奥42.4×高さ33.3cm
厚み:0.8mm
容量:約95L
重量:約4.7kg


車のトランクの大きさや自宅での保管場所に合わせ

最大限スペースを活かせるサイズを選びましょう。


また、1つのボックスにギアを詰め込みすぎると

持ち上げる際の負担が大きくなるので

2つにわけて収納するのも戦略的ですね。



アルミコンテナの利点

火に強い
プラスチック製の箱とは違い

熱に強く焚き火のそばに置いても問題ありません。


大き目のものであれば風除けにも役立ちます。


テーブル代わりになる
箱の天面が平らなためテーブル代わりにも使えます。


メインのテーブルにしてしまうと

箱の中身が取り出せなくなるため


食事でメインテーブルが埋まっている時などに

一時的な物を置くスペースとしての使用用途が多いです。


ちなみにT-STYLEは設営用具(テントやポール、椅子など)を収納しているので

設営後は空き箱となり、撤収までテーブルとして使っています。


水気にも強い
ウッドテーブルは水気に弱いため

吹きこぼれや油はねの危険がある調理をするには少々不向きです。


熱に強く、水や油も簡単に拭き取れる

アルミコンテナの上であれば安心して調理が出来ます。

※錆びの原因となるので長時間の濡らしっぱなしは禁物です。





アルミコンテナの難点

プラスチック製のコンテナに比べ

箱自体の重量があることが難点といえますが


車での使用であれば

重量を感じるのは積み込みと荷降ろしの時だけです。


その分、見栄えや使い勝手、耐久性が格段に上がるため

この重量は許容範囲といえます。



まとめ

テーブル代わりにも使え

熱にも水気にも強いアルミトランクは

見た目も良くキャンプ用品をまとめるにはピッタリです。


設営後の風景もプラスチック製の箱から

アルミコンテナに変えるだけでおしゃれキャンプな見栄えとなります^^


以上、アルミトランクについてでした。



T-STYLE
素朴で無骨な無地トランクを充分に楽しんだ後は

お気に入りのステッカーやステンシルで

あなただけのアルミトランクに育てるのもおすすめです!

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。





スポンサーリンク

ツイッターでT-STYLEを