『アウトドアチェア』どれ選ぶ?

スポンサーリンク

T-STYLEです!

キャンプのチェアといえばどんなものを想像しますか?


くつろげる大型のものから軽量でコンパクトなものまで

実に様々な種類があります。


日差しもまだ柔らかで

日中もタープ無しで過ごせる春の陽気であれば


河原にアウトドアチェアだけを持って行き

読書やコーヒーを楽しむというスタイルも有りですよね。


今回はそんなアウトドアチェアの選び方をまとめてみました。



耐重量はどのくらい必要?

特に河原や岩場で使用する場合、全ての脚が均等には地面に付かず

バランスが崩れたり、1本~3本の脚にだけ負担が掛かってしまうこともあります。


耐重量オーバーはチェアの破損だけでなく怪我や事故にも繋がるので

座る方の体重よりも少し余裕のある耐重量を持つチェアを選ぶと良いです。



折りたたみ時のサイズは?

のんびりくつろげる座面が広いチェアはどうしても

折りたたみ時のサイズも大きくなります。


他のギアの総量や移動手段・持てる荷物の量を考える必要がありますね。


コンパクトさを重視するのであれば

こういった折りたたみ方式のタイプがおすすめです。


フレームの金属筒の中にゴムが入っており

折りたたみも展開も楽チンです♪



座面の高さ

使用する机によっても最適な椅子は異なります。

使いたい机から椅子を選んでいくのも有りですね。


なお、お子様用にはこのような椅子も発売されています。




収納部分は必要?

肘掛や背面などに飲み物や本、少しの荷物を収納できるチェアもあります。


キャンプでは離席した際に

風に煽られたチェアが倒れてしまうことが頻繁にあるため

飲み物の入ったコップやスマホなどの衝撃に弱い物を置いている場合には注意が必要です。


T-STYLE
T-STYLEはキャンプに不慣れな頃に
チェアの肘掛部分に飲み物を入れたまま離席し

強風でチェアが倒れ
盛大にチェアを汚してしまった苦い思い出があります^^;



2人がけのチェア

恋人同士やご夫婦・お子様と一緒に座れる2人掛けチェア



仲良く座る姿を見ると微笑ましくも羨ましい!


展開に掛かる時間と手間が1脚分で済むのも利点ですね。

小さいお子さんのお昼寝スペースとしても使えますね♪



まとめ

アウトドアチェアを買う際には事前に理想とするスタイルを定め

座面の高さや収納サイズを見て選びましょう。


人数や一緒に行く人・その日のスタイルに合わせて選べるように

複数の種類を持っておくのも良いですね。


各社メーカーから様々なタイプが発売されているので

お気に入りの逸品を見つけ出しましょう!


T-STYLE
チェアの種類だけでなく、色や柄も気になるところですね。

人気のカモフラージュ(迷彩)柄やカラフルなもの・シンプルなものと
柄についても実に様々な種類があります。

座面だけ洗えるかどうかというのもチェックポイントとなりますよ☆

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。





スポンサーリンク

ツイッターでT-STYLEを