大容量のキャスター付きクーラーボックス

スポンサーリンク

T-STYLEです!


キャスターのついた大容量クーラーボックス

こちらを使っています。



数あるキャスター付きのクーラーボックスから

なぜこれを選んだのかというお話をしていきます。



スペック

サイズ
幅:約61cm
奥行:約40.5cm
高さ:約45cm

重量:約5.1kg
容量:50L

サイズが大きいため

BBQ用の肉パックなども買ったまま収納できるので重宝しています。


中に各種サイズの飲料を入れてみました。



2Lのペットボトルも立てた状態で収納できます。


その他にも使い勝手の良い部分が多いので

ご紹介していきます。



コーナンオリジナル クーラーボックスはココが良い

蓋が倒れない
蓋と本体の間にはストッパーが付いています。



テントやタープの隅に配置することの多いクーラーボックスですが

蓋が背面まで倒れてしまうタイプだと

テントやタープの布を巻き込んでしまいます。


使い慣れていないと不意に手を離してしまった時には

バタン!と大きな音を立て背面に倒れることもあるので

このストッパーは重要です。


もっと危険な場面としてはストッパーの無い製品で

側面側から一緒にクーラーボックスを除いていた人の

手を背面と蓋の隙間に挟みかけたこともありますね^^;



軽い
中には留め具に金属を使っていたり

持ち手に伸縮機能があるなどの便利な物もありますが

その分、重量が増してしまいます。


50Lを満タンに入れると、かなりの重量となりますが

キャンプ場には凸凹のある地面やちょっとした段差も多いです。


クーラーボックス本体が軽いものを選んでおけば

負担は軽減されますね。



天面の段差が少ない
蓋の上で野菜を切るなどの調理が可能です。
※まな板があるとなお良いです。




テーブル代わりにもなるので

大人数だからテーブルが足りない!という事態にも対応できて便利です。



ハンドルが2種類ある
左右に短いハンドルがついており

さらにキャスター使用時用の長いハンドルがついている構造です。



短い方のハンドルを使って

2人で持ち上げることもできます



水抜き栓が付いている
このクーラーボックスには水抜き栓が付いています。




中に氷を直接入れた場合や水を入れた際などは

撤収時に水抜きを行ってから車に積載します。


その際、水抜き栓があれば

クーラーボックスを傾けるだけで良いので簡単です。




また、水抜き栓が無い場合は逆さまにするため

余った飲料や食材を一旦どかす必要がありますが


水抜き栓は最下部についているので

中身もそのままで大丈夫です。



続いて、普段はあまり感じていなかったのですが

この製品の注意点を考えてみました。



注意点

本体が大きい
50Lの容量が入るサイズとなっているため

製品自体も大きいです。


軽自動車やコンパクトカーなどトランクが小さめの車では

座席を倒すなどの工夫が必要になると思います。



ハンドルが伸縮しない
背の高い男性にはキャスター使用時のハンドルが少し短いです。


しかし、前述したとおり伸縮の機能が付くと

重量が上がってしまうという面もあります。


T-STYLE的には許容範囲な長さでした。


どちらも欠点というよりは

使う人に合うかどうかで判断したほうが良い点ですね。



まとめ

キャスター付きで50Lもの容量があるクーラーボックスは

大人数でのキャンプやBBQにぴったりです。


2Lのペットボトルパックのお肉も入るので

思い思いの食材を詰めて楽しむことができます。


大容量の頼れるギアといえますね。



T-STYLE
以前ご紹介したクーラーボックスやクーラーバッグとも
撤収時にはこのようにスタッキングできます!


余った食材は、中にスタックした
コールマンのクーラーボックスに入れておくこともできます☆

SNSでいう「いいね!」的なやつです。
押してくれるとモチベーションがとっても上がります(^^)/

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ



スポンサーリンク