チェーンソーであなた好みの薪作り!『ハスクバーナ 135e』

スポンサーリンク

T-STYLEです!


今まではノコギリで地道に作業をしていましたが

チェーンソーを導入してからというもの

薪割り台の作成や好みの長さの薪作りが捗りまくっています♪



早速、こちらのチェーンソーをレビューをしていきます。




スペック

本体重量:4.6kg
推奨バー長(最長):40cm
推奨バー長(最短):35cm

排気量:40.9cc
出力:1.5kW
オイルタンク容量:0.25L

成人男性なら片手で問題なく持ち上がる重量です。

ガソリン式のチェーンソーのためコードなどもなく

扱いやすいサイズと言えます。


T-STYLEは今までチェーンソーを扱ったことがなかったのですが

問題なく使えています。


続いて使用してみてよかった点を挙げていきます。



おすすめポイント!

ケースつきで安心
ブレード部分を覆うプラスチックのケースが付属します。



自宅での保管時や車で持ち運ぶ際に安心度が高いですね。


ガレージなど決まった場所に置いて、移動させずに使うという使用環境でも

事故防止やお子様の怪我防止に役立ちます。



工具要らずでメンテナンス
作業中に刃の部分が緩むことがあるのですが

そのまま使用すると外れてしまう危険性があるため締めなければいけません。


他の商品ではナット(ネジ)が使われているため工具が必要となりますが

ハスクバーナ 135eはプラスチックレバーとダイヤルが付いており

工具無しでチェーン(刃)の張りを調節できます。



給油しやすく間違えにくい
チェーンソーには以下の2つのオイルが必要です。

この2つのオイルの注ぎ口が近くにあると

慣れるまでどちらに何を入れればよいのか混乱することがあります。


ハスクバーナ 135eはそれぞれの給油口が本体の前方と後方に配置されております。



チェーンに近いほうがチェーンオイル給油口と覚えられるので

間違いの起きにくい設計だと感じました。



騒音レベル
騒音レベルは113dB(デシベル)となっております。


調べてみると車のクラクションなどに相当するレベルの騒音とあったため懸念していました。


しかし、実際に使用してみると大声なら会話もできるレベルだったため安心しました。
(聞こえ方は使用する場所や人によって差が有るとは思います。)



エンジンの使用や排気量などもっと詳しい利点もあると思いますが

チェーンソーを初めて使って感じたポイントは以上です。


次に注意点を見て行きましょう。



注意点

安全に使う
これはこの製品だけでなく、どのチェーンソーにも言えることですが

説明書をよく読み、装備を整えた上で慎重に取り扱ってください。


特に以下の事項には注意しましょう。
  • 刃の周りには切断物のみを置く
  • 刃の回転レバー(スイッチ)には必要時以外に触れない
  • オイルの漏れがないか始動前にチェックする
  • 刃の張り具合を確認する
  • グローブ等の身を守る装備を身に付ける


また、周りにも注意を促して作業中は不用意に近づかないようにしてもらいましょう。



刃の回転始動レバーに注意
前述した項目に「刃の回転レバーには必要時以外に触れない」と書きましたが

ハスクバーナ 135eのレバー(スイッチ)はこの部分です。



上下をしっかり握りこまないと始動しないようになっていますが

持ち上げる際などに握ってしまうと刃が回転するため注意しましょう。



まとめ

以下のような場面でチェーンソーを活躍させています。
  • 焚き火台に合ったサイズの薪を作る
  • 薪割り台の作成
  • スウェーデントーチの製作

どれもノコギリでは数十分以上掛かり

特にスウェーデントーチの製作は1日程度掛かります。

体力の消耗がきつい作業ですね。



しかしチェーンソーを導入することで数分程度で作成可能となるため

木を調達できる環境があるならチェーンソーの導入はオススメです。



安全に注意を払いながら

木材を好きな状態に切断してキャンプでの楽しみを広げましょう。


T-STYLE
ガソリン携行缶や各種オイルなど
本体以外にも必要となるアイテムがあります!

消耗品も多いため様々な種類を試した上で
そちらのレビューも書きたいと思います♪

SNSでいう「いいね!」的なやつです。
押してくれるとモチベーションがとっても上がります(^^)/

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ



スポンサーリンク