トイレットペーパーをキャンプ場でも快適に使うには?

スポンサーリンク

T-STYLEです!


キャンプ場によって、度々異なるトイレ事情


念のためトイレットペーパーは常備しておきたいけど

見栄え的にもなぁ…


という状況におすすめなのが、ロールペーパーホルダーですね。



T-STYLEはロゴスから発売されている

シンプルな紺色のロールペーパーホルダーを使っております。



見た目以外にもロールペーパーホルダーを使うことによる利点があるので

今回はそちらもご紹介していきます。



おすすめポイント!

取り出しやすい
ホルダーなしの状態だと

本体が動いてしまい思うように紙が取り出せない!という事態が起きますが


ロールペーパーホルダーの重みで本体が固定されるため

スルスルとスムーズに紙を取り出すことが出来ます。



持ち手がついているためカラビナなどで本体を固定することもできますね。



紙が勝手に出てこない
キャンプ場に風は付き物ですね。

トイレットペーパーを置いておくと


風でいつの間にか紙が広がっていたり

ロールごと転がって無残な状態になることも・・・

※イメージ画像です



ペーパーホルダーは内側から紙を出してくシステムなので

風に吹かれても、倒れてしまっても影響がありません。





湿気を防げる
トイレットペーパーは水に溶ける素材であるため

湿気を吸うとボロボロになってしまいます。



しかし、ペーパーホルダーにいれておけば劣化を遅らせることが出来ます。



持ち運びしやすい
お手洗いに行く際もキャンプ場によっては舗装されていない道を通ることになりますが

トイレットペーパーそのままだと片手が塞がってしまいます。



ホルダーに入れておけば手首などにかけることができるため

両手が開き安全に歩行できますね。



以上がペーパーホルダーをつかう利点となり

基本的にデメリットはありません。


今回は続けて、トイレットペーパーを入れる以外での使い道をご紹介していきます。



用途外の使い方

ペーパーホルダーの形状にもよりますが

T-STYLEがもっているのと同じ縦型の布製ホルダーの用途を挙げていきます。



ビニール袋ホルダーに
キャンプではゴミ袋やエチケット袋

食材の余りを入れたりと何かと便利なビニール袋

こちらの収納にも役立ちます。


ビニールが使いたい時にさっと取り出せてよいですね♪



OD缶カバーに
トイレットペーパーのサイズは500gのOD缶とほぼ同じであるため

OD缶カバーにもなります。


寒い時期のOD缶使用やサイトの彩りづくりに役立つ活用法ですね。


OD缶カバーに使用する場合は木目やかわいらしい見た目の物もおすすめです。





まとめ

トイレットペーパーホルダーは

キャンプ場のトイレでの快適さを上げる役割を果たします。


キャンプ以外でも行楽やアウトドア・観光などでも

トイレットペーパーの無いトイレには遭遇しますので

車にひとつ積んでおくのも良いですね。


様々なデザインが発売されていますので

あなた好みのトイレットペーパーホルダーを手に入れましょう。



T-STYLE

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。



スポンサーリンク