悪天候に負けないマッチ『UCO サバイバルマッチ』

スポンサーリンク

T-STYLEです!


雨・強風・寒い!

こんな3拍子が揃った日に焚き火をするなら

あなたは何で着火を行いますか?


普通のマッチではに弱く

ライター寒さに弱いですよね。


そんな時のためにT-STYLEはこれを常備しています。




これはサバイバルマッチといって防風、耐水に優れたマッチです。

では具体的にはどのような製品なのか、まずはスペックから見ていきましょう!



スペック

ケースのサイズ:62×φ30mm
マッチの長さ:56mm
内容:マッチ×15本、マッチストライカー×2枚
重量:15g
燃焼時間:12秒

市販されている風邪薬などの瓶くらいの大きさ

T-STYLEと同年代以上ならフィルムケースと同じくらいの大きさ

と言えば想像できそうなサイズのケースにサバイバルマッチが15本ほど入っています。



サバイバルマッチといっても各メーカーから色々な製品が出ている中で

なぜこの製品を選んだのかおすすめのポイントをご紹介します。



おすすめポイント!

耐水性が高い
UCO サバイバルマッチは点火後に水に浸けても火が消えないほどの耐水性を持っています。



それほどの耐水性があれば雨の降る中でも火が消えず

しっかりと着火に使えますね。



風にも強い
これは数値にするのは難しいのですが、気象情報に風速10mと出ているような気候でも

難なく火をつけることができました。


キャンプ場は山間など風が強い立地であることも多いため

これは非常に心強いですね。



防水ケース付き
スクリュータイプの蓋でしっかりと水の侵入を防ぐケースが付いてきます。



中身のマッチを使い終えた後も

常備薬や絆創膏など水濡れさせたくない小物を収納することができます。



ストライカー2枚つき
ケースの外側についているストライカーとは別に

予備のストライカーが付属します。




予備のストライカーもケースに収納しておけば

例え外側のストライカーが劣化してもマッチを使うことができますね。



燃焼時間12秒
通常のマッチは燃焼時間が9秒前後ですが

UCO サバイバルマッチの燃焼時間は12秒


こう聞くと「たったの3秒でそんな差がある?」と思いがちですが

雨にも風に負けずに12秒間燃焼するというのは大きなアドバンテージとなります。


ちなみに、UCOからは15秒・25秒・60秒ど様々な燃焼時間のマッチも発売されています。



ここまでUCO サバイバルマッチの良い部分を挙げてきました。

いつもであれば気になった点も書くのですが

このUCO サバイバルマッチに置いて気になった点が今のところありません。


使用回数が増える中で、気が付いたことがあれば追記したいと思います。



まとめ

雨にも風にも負けず12秒間確実に燃えるUCO サバイバルマッチ

マッチ自体の性能も抜群ですが

防水性に優れたケースストライカーが2枚付属するという

使用者のことを考えたセット内容が素晴らしいですね。


どんな天候でも問題なく着火できるギアがあると安心感が段違いです。



T-STYLE
キャンプだけでなく防災グッズとしても役立ちそうですね☆
小さいサイズなので非常用装備として常に持っておくと安心です♪

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。



スポンサーリンク