軽量でコンパクト!ユニフレーム コーヒーバネット

スポンサーリンク

T-STYLEです!

キャンプでドリップコーヒーを淹れるなら

ドリッパーも必要となりますね。


家庭用ではこのようなタイプもありますが

キャンプの持ち運びには不向きです。



そのため各キャンプメーカーから

コンパクトさを重視した製品が発売されています。



今回注目するのはユニフレームのコーヒーバネットです。




スペック

cute(キュート)
サイズ
使用時:約110×70mm
収納時:約110×20mm
本体:約46g
収納ケース:約直径135×120mm

材質
本体:18-8ステンレス(SUS304 WPB熱処理済)
収納ケース:ナイロン

セット内容:本体×1、収納ケース×1、2人用フィルター×10枚



grande(グランデ)
サイズ
使用時:約130×90mm
収納時:約130×25mm
本体:約105g
収納ケース:約直径165×145mm

材質
本体:18-8ステンレス(SUS304 WPB熱処理済)
収納ケース:ナイロン

セット内容:本体×1、収納ケース×1、4人用フィルター×10枚



sierra(シェラ)
サイズ
使用時:約100×70mm
収納時:約100×20mm
本体:約47g

材質
本体:18-8ステンレス(SUS304 WPB熱処理済)
収納ケース:ポリエステル

セット内容:本体×1、収納ケース×1、2人用フィルター×10枚



3サイズ展開で人数に合わせて選べるのが嬉しいですね。


また、円錐型フィルターが付いてくるので

ミルを用意すればすぐに淹れたてのコーヒーが楽しめます。



コーヒーバネットを使うメリット

軽量コンパクト
収納時は厚さ2mm

コーヒーバネット sierraとcuteにおいては50gを切る軽さになっており

非常に軽量かつコンパクトに持ち運びが出来ます。


バネットとペーパーフィルターを一纏めにできる収納ケースも

コンパクトさを保つ要因となります。



手入れが楽チン
ステンレスの針金が螺旋を描く構造のため

水切れが良いです。


使用後はさっと水で流して干せばお手入れ完了です。


特にメッシュテーブルなら

置いておくだけですぐに乾くので相性抜群です。



コーヒーが美味しい
煎ったコーヒーの豆は炭酸ガスを含んでいます。

炭酸ガスは鮮度を保つ役割を持っていますが

ドリップする際にはこのガスを追い出す必要があります。


コーヒーバネットには壁面がないので

お湯を注いだ際に炭酸ガスを効率よくを逃がし

雑味のないコーヒーを淹れることが出来ます。


出典:ユニフレーム



注意点

軽すぎる
風が強い日はバネットが軽すぎるため

風に流されてしまうことが有ります。


お湯を注ぐ際にはケトルを持つ方とは反対の手で

バネットの脚部分を抑えておくと良いです。



また、使用後に水気を切るため

メッシュテーブルの上に置いておくと

いつの間にか風で落下していることがあります。


風の強い日には

S字フックを使う、風下に物を置いておくなどの対策が必要です。



フィルターの先端が浸かる
円錐形のためフィルターの先端が

コーヒーに浸らないよう

高さのあるコップを選ぶと良いです。


先端が浸かったまま抽出を続けると

雑味が混じりコーヒーの美味しさは半減します。



まとめ

非常に軽くて薄く収納できる

ユニフレーム コーヒーバネットは

キャンプでの持ち運びにも最適です。


付属品も収納ケースとペーパーフィルターが付き

直ぐに使えるセット内容です。



また、炭酸ガスを効率よく逃がす構造で

ドリップコーヒーに不慣れでも美味しいコーヒーを淹れることができます。


以上、ユニフレーム コーヒーバネットについてでした。




T-STYLE
コーヒーミルとバネットのセットがあれば

キャンプだけでなく自宅でも
本格的なドリップコーヒーを楽しむことが出来ます。

お気に入りの豆・挽き方・淹れ方を研究し

至福の1杯を満喫しましょう!

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。



スポンサーリンク