レジャーシートはどれ使っても同じ。ではない!

スポンサーリンク

T-STYLEです!

友人とお花見に行った際

普通のレジャーシートの座り心地に衝撃を受けました。

地面の凹凸がこんなにも負担だったとは・・・


そんなT-STYLEはColeman(コールマン)のレジャーシートを愛用してます。


キャンプ以外にもお花見や海でも活躍します!



スペック

レジャーシート


使用時サイズ:約200×170cm
収納時サイズ:約φ15×45cm
重量:約1.2kg

材質
表地:アクリル
インナー:PUフォーム
裏地:PVC(ポリ塩化ビニル)



レジャーシートミニ


使用時サイズ:約140×90cm
収納時サイズ:約φ12×33cm
重量:約430g 

材質
表地:アクリル
インナー:PUフォーム
裏地:PVC



ここが違う!コールマン レジャーシートの注目ポイント

座り心地
インナーとしてポリウレタンフォームが入っているので

ある程度凹凸のある地面でもお尻に負担が掛かりません。


お花見やキャンプなど

ゆったりとした時間を楽しみたい時は特に

居心地の良い空間というのが大事になります。



収納性
コールマンのレジャーシートには

シートを筒状に纏めるためのゴムベルトが付いています。




留め方もマジックテープ方式なので簡単ですね。


さらに、持ち手も付いているので持ち運びも楽チンです。



耐久性
裏地も表地もしっかりとしており耐久性も高いです。

キャンプで使ううちに

少し枝(薪)を引っ掛けてしまったり

地面の岩が尖っていたという経験もありますが

目立つ傷もなく使えています。




機能性
四隅にはペグダウン用のコーナーループが付いているため

風の強いフィールドではペグダウンを行うことで

風で吹き飛ぶことなく安心して使用できます。



選べる柄とサイズ
5種類の柄と2つのサイズが発売されています。

お好みの色や人数に合わせたサイズを選べるのは嬉しいですね。



注意点

「鞄に小さく畳んで収納する」

というような構造にはなっていません。


その代わり、ある程度のフィールド条件であれば

クッション性のある敷物や

寒気を防ぐための毛布などを省き


このレジャーシート1枚で

クッション性と防寒性を賄えます。



新商品も登場!

2018年新商品として

レジャーシート(キャンプマップ)が登場しました。


ペグダウン用のコーナーループや持ち手

収納時のゴムベルト構造はそのままに

水や汚れに強いポリエステル素材で作られています。


何よりキャンプ感たっぷりの柄が魅力的ですね。

スペックは以下の通りです。

使用時サイズ:約200×145cm
収納時サイズ:約φ13×38cm
重量:約1.5kg
材質:表地/裏地 ポリエステル



まとめ

ゆったりとした時間を楽しむためには

地面の凹凸からのストレスや体への負担は最小限にしたいものです。


丸めて持ち運びができ

ペグダウンのループなどのキャンプに適した構造は

「さすが、キャンプメーカーの製品」と納得できる作りですね。


以上、コールマンのレジャーシートについてでした。



T-STYLE
コールマンのレジャーシートは洗濯機での洗濯はNGです。

普段は裏面・表面から砂や埃を払うだけ。

汚れが目立つときはお風呂場で水洗いしてます☆

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。





スポンサーリンク

ツイッターでT-STYLEを