アウトドアの点火にはこれ!

スポンサーリンク

T-STYLEです!

アルコールストーブ・ガソリンバーナー・焚き火への火付けなど

キャンプで火をつける時にはこれらを使ってます。




違いは炎のタイプで

ランプなどへの着火・マントルの空焼きなどは炎が必要なのでガスマッチの方を使います。


何故普通の着火マンやライターではなくこのガストーチなのか

その理由をお伝えしていきます。




火口が伸縮する

炎が出る火口の部分が伸縮するため持ち運び時はコンパクトでも

使用時にはテーブルの端の火器や五徳を被せたままのギアにも着火できます。


手元に近いギアへの着火時は縮めた状態のまま使用できます。



風に強い

着火マンは火が弱く風に負けてしまいますが

このガストーチは炎の温度が1,300℃もある強力耐風バーナーです。


ガスマッチの方もガストーチと比べると風に弱いですが

普通の着火マンよりは遥かに強いです。


キャンプとなれば野外での着火となるので耐風設計はありがたいですし

日常使いやお墓参りでのお線香への火付けなどにも活躍します。



ガス補充が容易にできる

どちらの製品もCB缶からガスの補充が可能です。

僕はガスランタンなどの用途でキャンプ中でもCB缶を持参していますので

特別な燃料を用意していなくてもキャンプ中にガスの補充が可能です。


しかも、CB缶は1本100円ほどで買えるのでコスパ的にも優れています。



着火部分が細い

五徳の隙間やランプ点火時のホヤの隙間からも着火できます。


五徳にもよりますが先端が細いおかげで鍋を五徳に置いてから着火することも出来るので

「ギアに火をつけてから慌てて熱い場所に鍋を設置する」

というシチュエーションが激減します。



安全装置が使いやすい

最近では押下部分が安全確保のために固く作られた物も多いですが

このガストーチ・ガスマッチはボタン部分をスライドさせるだけで

片手でロックを解除し、そのまま着火、直ぐにロックという流れが非常にスムーズです。



見た目がかっこいい

着火マンはどうしても安っぽくなってしまいますが

こちらは火口の伸縮部分がシルバーなこともありかっこいいです。

しかも現在まで様々なカラーバリエーションが発売されているのでお好みのものを選べます。




ポイント
NATAL DESIGN × SOTOから黒に引き続き新カラーが登場しました。

今回はブラウンとグレーという淡い色調です。
気になる方はZOZOTOWNを要チェック!!


T-STYLE
火口の伸縮はとても便利でコンパクト!
角クッカーやメスティンへのスタッキングも可能です♪

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

スポンサーリンク

ツイッターでT-STYLEを