クッカーにもなるケトルはおすすめ

スポンサーリンク

T-STYLEです!

今回はこちらをご紹介します。



ちなみに、僕の場合はこちらのクッカーセットを持っているので

その中からケトルだけを持っていってる状態です。
(セット内容の他のギアは使うときだけ持って行きます)





おすすめポイント

程よい大きさで安定性が良いです。

基本的に五徳を選ばない万能ギアなので

空いてる火器で気軽にお湯が沸かせます。


あとこれは細かい事なのですが・・・

持ち運び時に蓋がカタつきません!

取っ手部分が蓋を抑えてくれるので蓋がカタカタ言いません。



中に何かをパッキングしての持ち運びも出来ます。
(インスタント系食材・パウチ系食材など)



また、取っ手をこういった向きにも付けれるので

片手鍋としても大活躍です。




注意点

蓋のストッパーはないのでお湯を注ぐときは蓋を落下させないように注意しましょう。

同時に、取っ手を掴むときは火傷にも注意です。


あとは取っ手を留めているネジ!

僕は手で締めていることが多いですが

お湯が出来てから外れると厄介なので使用前に外れないかをチェックしましょう。


コインなどを使うとがっちり閉めることが出来ますし

蝶ネジに変えてしまうのも良いです!



その他のケトル

アウトドア用のケトルも色々な種類が発売されています。

容量や用途、好みのデザインなどで選びましょう。

取っ手にストッパー機能があり垂直状態で止まります。

そのおかげで火にかけても取っ手が熱くなりにくいので最近気になっています。



ハードアルマイト加工が施されているので傷がつきにくい!

炭汚れなども気にならない色合いも良い感じで

持ち運び用のメッシュバックが付いてくるのもありがたいですね。



ユニフレーム fan5(ファンゴ-)DXとスタッキングできるとのこと。

持ち運びのコンパクトさは大事ですね。



まとめ

ケトルは小ぶりなものが一つあれば

温かい飲み物もすぐに入れられるので便利です。


形状として寸胴で片手鍋の代わりにもなるタイプと

平べったくお湯が速く沸くものに2分化するので使用用途によって選びましょう。

T-STYLE
アルミ製のケトルはお湯にアルミ臭が移るため
初めての使用前にはお米のとぎ汁を沸かすなどのメンテナンスが必要です。

カップ麺に使うお湯が大体450mlなのでこの辺も参考にして容量を選ぶと良いです♪

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

スポンサーリンク

ツイッターでT-STYLEを