キャンプだけじゃない!アウトドアの相棒

スポンサーリンク

T-STYLEです!

シングルバーナーを1つ持っているとテント内でも屋外でも

一瞬で調理を始められるため非常に使い勝手が良いです。


持ち運びもOD缶1つとバーナー本体のみなので

キャンプ以外でも

釣りやウィンタースポーツ・ツーリングなどのアウトドアシーンにもおすすめです。


中でも、僕が愛用しているのはこちらのギアです。


今回はこちらのギアの魅力をお伝えしていきます。




P-153の特徴

まずはこのP-153の特徴を挙げていきます。



軽量・コンパクト

まずは携帯性ですが

折りたたみ時のサイズが7.5×8.8×3.0cm

重量が110g


手のひらサイズでとても軽いですね。


荷物の多いときやアルミトランクの中では他のギアに隠れてよく見失ってしまうほど小さいので

登山やツーリングなど荷物を軽量・コンパクトに済ませたい方にはぴったりです。


さらに、P-153とガス缶・クッカー&ミニフライパンがセットになった製品もあり

持ち運び時にはクッカーの中にガス缶とP-153が収納できるようになっています。




4枚羽のX字五徳が機能性抜群

五徳部分は4枚羽がX字に交わる構造ですが

羽が4枚あることで3枚では成し得ない安定性があります。


メスティンなどの四角いギアも

チタンマグのような丸型のものも安定して使用することが出来ます。


また、X字の五徳の一枚一枚が風を通しにくい構造になっており
(火口に近い根元の部分が板状の面になっている)

一方向から風を受けても

火が全て消えてしまうことはありません。





点火までが早い

ガス缶に取り付け、点火スイッチを押すだけなので

1分も掛からずに調理開始できます。

火力調節のツマミも付いているので弱火~強火まで自由自在です。





ここまで魅力にあふれたギアですが

難点をカバーする周辺ギアも充実しています。



設置場所に困る

「ウッドテーブルには吹きこぼれが心配で置きたくない」

「芝生のフィールドで直置きだと芝へのダメージが・・・」

という場合にはバーナーシートを敷いて使います。


30cmx32cmと大きめサイズなので万が一の吹き零れなどにも安心です。



安定感が心配

やわらかい地面に設置する際や背の高いクッカーを使用する際には

ガス缶の大きさによっては不安定となります。


そんなときにはガスカートリッジホルダーが役立ちます。

足裏にラバーパットがついているので滑りやすいテーブルへの設置も安心です。




まとめ

携帯性に優れ、すぐに調理が開始できるのはキャンプでも重宝します。

火力調整が出来るのも大きな魅力ですね。


今日は使わないかな。と思った日でも

「風の影響で固形燃料が数分早く燃え尽きてしまった」

「他の火器が調理中だが飲み物を温め直したい」

というような瞬間使いをすることもあります。

1つ持っておくと安心のギアです。


T-STYLE
キャンプ以外でも山クッカーと共にスノボや海岸で活用しています。

UNIFLAME 山クッカー 角型使ってみた

2017.11.30

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。



スポンサーリンク