『モーラ・ナイフ ガーバーグ(Morakniv Garberg)』レビュー

スポンサーリンク

T-STYLEです!


バトニングをしていたらナイフや斧が壊れてしまった!

そんな経験はありませんか??


T-STYLEはあります^^;


T-STYLEだけではなく、この手の経験談は結構よく聞く話です。


バトニングはナイフの背を叩いてナイフの刃身を木に食い込ませていくのですが

節にあたる乾燥が充分でないなどの理由で割れにくい木材

強引に割り進めようとするとナイフや鉈が壊れてしまいます。


そのため、ブレードを構成する金属部分が柄の途中までしかない刃物は壊れやすく

反対に「フルタング」と呼ばれる

ブレードの金属部分が柄と同じ形状になっているモデルは壊れにくいとされています。




そこで、今回はモーラ・ナイフのガーバーグをご紹介します。


こちらはモーラ・ナイフで初のフルタングモデルです。


早速スペックから見ていきましょう。




スペック

刃長:約109mm
全長:約229mm
刃厚:約3.2mm
重量:約170g(ナイフのみの重量)
生産国:スウェーデン
柄素材:ポリアミド 刃素材:ステンレススチール

付属品:レザーシースorマルチマウントシース・ベルトループ



ガーバーグはシースのデザインが2種類から選べます。


一方はシックな皮のシース

もう一方はマルチマウントが出来るプラスチック製のシースとなっています。


続いて、おすすめポイントをご紹介します。



おすすめポイント!

ガシガシ使えるフルタングモデル
ブレードの金属部分がハンドルの末端まで続いているため

非常に頑丈でめったなことでは壊れません。


刃厚も3.2mmと分厚いので

バトニングやチョッピングなど、ナイフに負担が掛かる作業にも向いています。





ファイヤースターターのストライカーとしても使える
ガーバーグの峰(刃の背にあたる部分)はストライカーとして使用できます。



ストライカーは用途が少なく失くしやすい部品でもあるので

ナイフと兼用できるのは安心ですね。



ストラップが付けられるハンドル
他のモーラナイフには無い特徴として

ガーバーグのハンドルには穴が設けられています。




そのため好きな色のパラコードや皮紐を通すなどのアレンジが可能です。


ガーバーグは非常に人気なモデルですが、カラーバリエーションがないため

キャンプ場などで被ることも有り得ますので

自分のものだという印がわりにお好みの装飾をするのもおすすめです。



ハンドルが長持ち?
ハンドルに使われているのはポリアミドと呼ばれる素材です。



モーラ・ナイフの別モデルであるコンパニオンなどに使われているラバー素材は

長年放置すると加水分解(水分による分解反応)がおきベタベタとしてきます。


そのため、ポリアミド素材で作られているガーバーグのほうが長持ちということになります。



選べる2種類のシース
ガーバーグはレザーシースモデルマルチマウントシースモデルの2種類に分かれています。

ナイフの構造は同じで付属するシースが異なるということですね。

それぞれの特徴は以下のとおりです。


  • レザーシース
    なんといっても渋くてかっこいい。

    T-STYLEはこちらを選びました。



    長年使っても傷や汚れが味となるため劣化が気になりにくいです。

    また、他のナイフに乗り換える際にもシースだけ引き継げる場合があります。



  • マルチマウントシース
    プラスチック製のシースと

    マジックテープ式のベルトループが付属します。


    出典: アンプラージュインターナショナルwebshop様


    ベルトループを使ってバックパックのショルダー部分などお好みの場所に固定できます。


    勿論、一般的なナイフのように腰から下げることも可能です。



ナイフの形状は同じなので

使い方や好みでシースを選べるということですね。



末端部分でも作業ができる
フルタングであるため柄の末端からも金属が出ています。



ファットウッドを削るなどの作業は

刃身ではなくこの末端部分のほうが力が込めやすいです。

余すとこなくブレードを使いこなせるのもフルタングだからこその強みですね。



続いて気になった点に話を移しましょう。



気になった点

重さ
コンパニオンモデルと比べると約2倍ほど重くなります。


とはいえ、170gなので気にするほどでもないですし

フルタングモデルであるため当然ともいえる重みですね。

頑丈・安心・信頼の重みと言えます。


その他ナイフやシースの性能に関しては文句の付け所が無いように思えます。



まとめ

フルタングモデルであるガーバーグなら安心の頑丈さで

バドニングやチョッピングなどの作業にも向いています。


ステンレス・フルタング・刃の形状・ハンドルの素材など

どこをとっても頑丈さがテーマになっているモデルと言えます。


初心者から上級者まで長く使えるナイフと言えるため

ずっと使えて用途も広い1本としておすすめできる逸品です。



T-STYLE
お気に入りのナイフが1本あると
薪の整理もより一層、楽しく取り組めます☆

頑丈なガーバーグは長い付き合いになりそうです♪

SNSでいう「いいね!」的なやつです。
押してくれるとモチベーションがとっても上がります(^^)/

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ



スポンサーリンク