たった270gのミニテーブル『snow peak オゼン ライト』

スポンサーリンク

T-STYLEです!

キャンプの際にテーブルは使っていますか?


車移動のキャンプならテーブルの持ち運びも容易ですが

バックパックやバイク移動でのキャンプでは

テーブルって嵩張るし持ち運びにくいものが多いです。


しかし、食事中の食器などは

地面やレジャーシートなどの敷物の上では衛生面が気になったり

使い勝手が悪いものです。


そこでおすすめしたいのがスノーピークのオゼンライトです。


地面から数センチ離すだけでも

砂埃や虫の混入が防げるので格段に利便性が上がります。


さっそく詳しいスペックから製品に迫っていきましょう。



スペック

サイズ
使用時:297×210×85(h)mm
収納時:297×120×25(h)mm

重量:270g

セット内容:本体、収納ケース

材質:アルミニウム合金、ステンレス鋼




旅館などで見かける「お膳」をモチーフに作られています。


1人前の食器と食物を載せるための台である「お膳」からヒントを得ることで

移動が容易で、複数を組み合わせることで卓としても使えるテーブルとなっています。


※お膳の参考写真


出典:Amazon


続いてオゼンライトのおすすめポイントを紹介していきます。



おすすめポイント!

軽い
重量はたったの270g

500mlペットボトルの約半分ですね。



他メーカーからも各種ミニテーブルは発売されていますが

オゼンライトは群を抜いて軽いです。



コンパクト
収納時のサイズは297×120×25(h)mm

A4用紙を半分に折った大きさです。



これならバックパックの背中側に入れるなど

収納の場所をほとんど取られずに済みます。



しっかり収納できる
折りたたみテーブルの中には

ゴムバンドや収納ケースに入れないと勝手に開いてきてしまうものもあります。



しかし、オゼンライトは足・天板の2つの板を分離させて収納するため

勝手に開いてしまうなどの不都合も起きません。



水はけが良い
軽量化のために開いている天板のパンチングですが

結露したコップなどを置いても水気を地面へと逃がす役割も果たします。



食器を洗った後にオゼンライトの上に置いておけば

乾きやすいということですね。



耐熱性
天板や脚部はアルミとステンレスでできているため

熱されたクッカーなども気にせず置くことができます。


キャンプではスキレット料理など

火にかけていたクッカーから

そのまま食事を楽しむスタイルも多く

熱いクッカーを置いても溶けない金属製が安心です。



移動も楽々
折りたたみテーブルの中には持ち上げただけで

折りたたまれる構造をしている製品があります。


しかし、風向きの影響や急な雨模様など

キャンプでは「ちょっとテーブルの位置を変えたい!」と思うシーンもございます。



オゼンライトなら脚部を取り外さないかぎり

勝手に折れてしまうことなく急な移動にも楽々対応できます。



続けて気になった点をお伝えしていきます。



気になった点

組み立てにコツがいる
脚を天板にはめ込む必要があるため

慣れるまでに数回を要します。



ネジなどがある複雑な構造ではないため

力加減と差し込む場所さえ覚えてしまえば問題ありません。



まとめ

組み立てには少々コツが必要ですが、数回の組み立てで要領を掴めば

あとはずっと軽くてコンパクト・安定性抜群のテーブルとして

使用していくことができます。



キャンプ地は平坦な地面ばかりではなく

岩や石・草で凹凸があり

コップ一つ置くにしても転倒に気を使う必要があります。


さらに雨の中・雨の前後では地面がぬかるんでいることも多く

余計な泥汚れがカトラリーに付着してしまうこともしばしば・・・


しかし、この270gの相棒を連れて行くだけで、安定した食卓を得ることができます。



T-STYLE
メインテーブルの上にセットして
テーブルonテーブルとして使うのもおすすめです♪

SNSでいう「いいね!」的なやつです。
押してくれるとモチベーションがとっても上がります(^^)/

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ



スポンサーリンク