無骨でコンパクトな薪ストーブ『G-Stove Heat View』

スポンサーリンク

T-STYLEです!


寒い冬でもキャンプがしたい!!

そんな時は暖房ギアが必須となりますね。


特に薪ストーブは炎を見ることができて

キャンプならではの雰囲気を味わうことが出来ます。



そんなT-STYLEはG-Stove Heat Viewを愛用しています。



なぜG-Stoveを選んだのか

使い勝手やおすすめポイントをご紹介します。





スペック

サイズはT-STYLEが使用しているG-Stoveを元に計測しております。

収納サイズ:幅18cm×奥行き38cmx高さ32cm
使用サイズ:幅48.5cm×奥行き38cmx高さ37cm

重さ:9.3Kg

付属品:煙突×6・煙突蓋×1
    火格子×1・灰落とし用スクレーパー×1

素材:ステンレス

耐熱温度:1000℃


収納時には本体横の持ち手部分を折りたたむことができます。






キャンプで使う薪ストーブに求めるべき

以下の条件がG-Stoveならクリアできます。
  • 軽い
  • 丈夫
  • 炎が見える
  • 安定感がある
  • 暖かい
  • かっこいい



最後の「かっこいい」に関しては好みによりますが

この無骨で頼れる見た目、T-STYLEはとても好きです。



早速、G-Stoveのおすすめしたいポイントをご紹介します。



おすすめポイント!

軽い
スチール製の薪ストーブは20Kg越えの製品などもありますし

薄いステンレスを使用し5kg前後となっている薪ストーブもあります。




G-Stoveはステンレス製で10Kgを切っているため

丈夫さと軽量さのバランスが取れた重量といえます。


重すぎても持ち運びに不自由ですし

ペラペラで熱変形しても嫌ですもんね^^;



収納がコンパクト
煙突6本煙突蓋灰落とし用スクレーパーが本体に収納できます。



持ち運び時は本体と火格子の大きさとなり非常にコンパクトです。



炎が見える
開閉扉にはガラス窓があり、中の炎を見ることが出来ます。

炎が見えることで体感温度も変わってくるので

暖房性能として更なる効果を発揮します。



燃焼効率抜群
火格子という網状のロストルの上に薪を入れる構造なので

空気の通り道が薪で塞がれることがありません。


よって非常に効率良く燃焼が進みます。




通気口を全開にすると

煙突まで真っ赤になるほど燃焼し非常に暖かいです。



使い道の多い持ち手部分
本体の横にはクッカーや薪も置けるラック状の持ち手がついています。



余熱を利用する薪を乾かすというのは勿論ですが

S字フックなどを使ってアレンジしたり


洗った食器類を乾かしておくトングを引っ掛けておくなどなど

あなたの発想次第で便利に使いこなすことが可能です。



扉の持ち手が熱くならない
開閉扉には、扉を開閉するための持ち手や

空気の取り込みを調整するためのハンドルがついておりますが


扉と持ち手の間にあるバネのおかげで

持ち手まで熱くなる事が非常に少ないです。



空気調整のためだけに耐熱手袋を着けるのも面倒なので

こういった細かい設計はありがたいですね。



オプションパーツが豊富
G-Stove Heat Viewをより一層楽しむためのオプションパーツが豊富です。


お使いのテントに合わせて

煙突の出し方を変えられるL字煙突延長用煙突

本体の高さを変えられる延長脚なども揃っています。






その他にも魅力的なオプションパーツが目白押しです。






ちなみにT-STYLEは以下のオプションパーツを導入しています。