CONDOR(コンドル)MA40 H2Oポーチが実用的!

スポンサーリンク

T-STYLEです!


バックパックのカスタムって楽しいですね。


どこに何を収納して

いかに無駄を削り、使いやすく・楽しく過ごせる装備にするか

研究する楽しみがあります。


今現在、T-STYLEが愛用しているサイドポーチがこちらです。



このポーチのどこが気に入ったのかをお伝えしていきます!



スペック

サイズ:直径約10cm×高さ約25cm
重量:約230g

ナルゲン広口1Lボトルが入ります。


ちなみに、外ポケットを測ってみたところ

横11cm、高さが16cm程でした。


続いて、このポーチの詳細をご紹介します。



CONDOR タクティカルギア MA40 H2Oポーチはココが魅力!

メイン収納はダブルファスナー
メイン収納の開閉がダブルファスナーとなっています。



よって、バックパックのどこに付けても

開けやすい位置でファスナーを使うことができます。



さらなるカスタムができる
外側にモールマジックテープがついています。


そのため、さらに小さいポーチを付けたり

キーホルダー、缶バッジやワッペンなどで装飾を行うなど

様々なカスタムを行う事ができます。



ポーチ単体でも使える
サイドにはショルダーベルト用のDカンが付いているので

サイドベルトを付けるとポーチ単体で持ち歩く事もできます。



キャンプ場到着後はポーチに貴重品をまとめ

ポーチだけを持ち運ぶくというような活用法も考えられます。



ストローやイヤホンコードを通せる
蓋部分にはハイドレーション用のチューブを出すためのベルクロ式の穴が開いています。



チューブを繋げばファスナーを開けることなく給水できますね。


他にも、イヤホンマイクのコードなどを通す穴としても使えます。



内側は撥水加工
ポーチの内側は撥水加工が施されています。



中に水の入ったボトルなどを入れて

多少漏れてしまっても他の荷物へ影響が出にくいです。


冷やした飲み物からの結露などもポーチ内にしか付着しません。


ギアを入れるにしても

衝撃を吸収してくれるので安心です。



以上のような利点を考えて、このポーチを選びました。


ちなみにカラーバリエーションはブラックを含めて4種類です。
  • コヨーテブラウン(茶)
  • オリーブドラブ(緑)
  • マルチカモ(迷彩)
  • ブラック(黒)



  • 最後に、このポーチの注意点をお伝えします。



    注意点

    外ポケットはシングルファスナー
    メインのポケットはダブルファスナーなので良いですが

    外ポケットはシングルファスナーのため

    カスタムによっては開閉しにくくなります。


    その場合は予備のティッシュやビニールなど

    普段はあまり使用しないものを入れて

    開閉の頻度を下げるなどの工夫が有効です。



    外径で測ると失敗する
    スペックに記載してある数値は

    それぞれの収納場所の外径です。


    内径は撥水加工の布がある分、数ミリの厚みがあります。


    個体差もあるので中に入れるギアの寸法は

    余裕を持ったサイズのものを選びましょう。


    外径だけをみてパッキング計画を立てると

    意外と入らず苦戦を強いられます。



    まとめ

    1Lの水を入れたボトルだけを入れても

    重量は1kgを越えますね。


    なので、縫製がしっかりとしたポーチを選ぶことをおすすめします。


    CONDOR(コンドル)タクティカルギア MA40 H2O

    実用性に優れた丈夫な作りとなっています。


    ボトル以外にも

    クッカーやギアなどを入れるポーチとしての活用もできますよ!



    T-STYLE
    T-STYLEは今、ここにソロセット極を入れています。

    リフレクトボトルなども入るので
    中身はまだまだ検討中です。

    SNSでいう「いいね!」的なやつです。
    押してくれるとモチベーションがとっても上がります(^^)/

    にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ



    スポンサーリンク