ライターがトーチに変身!『SOTO ポケトーチ』

スポンサーリンク

T-STYLEです!


ライターが風でつかない!

炎が風に煽られて指が熱い!

ライターを扱ったことのある方なら誰しも経験があると思います。


これらを解消し、さらにライターの燃費を高めてくれるのが

SOTO ポケトーチです!!



市販の使い捨てライターがトーチに変身する画期的なギアです!

それでは早速、スペックから順に見ていきましょう!



スペック

サイズ:長さ60×幅23×高さ110mm

重量:50g(ライター除く)

火口径:直径14mm

炎温度:1300℃

使用燃料:市販の使い捨てライター
(使用可能ライター/CR-ML-17[PSC]・CR-SPカラード[PSC])

付属品:ライター1個


市販の使い捨てライターが1300℃のトーチになるとは

他にはない発想の製品ですね!



続いて、このポケトーチを使うと様々なメリットが生まれるので

おすすめポイント!としてご紹介していきます!



おすすめポイント!

燃費が約60%アップ!
効率よくガスを使用するため

元のライターをそのまま使う時に比べて約60%上がります。




さすが、ガス系ギアを長年扱っているSOTOのなせる技ですね。



火力もアップ!
通常の使い捨てライターは約800℃の炎が出ますが

このポケトーチを使えば炎の温度は1,300℃となります。



これならキャンプ中や日常シーンでも、より早く着火が行えます



風に強い
通常の使い捨てライターはオレンジの炎が出るため

風に煽られると揺れたり消えたりしてしまいますが


ポケトーチを通せばトーチタイプの炎となり風に負けません。



燃料の入手が容易
比較的入手が簡単なCB缶すら売っていないコンビニは見かけますが

ライターが売っていないコンビニはなかなか見ませんよね。



駅の売店やサービスエリアでもライターなら入手が可能です。



高所での着火に有利
元となるのはフリント式のライターです。

フリント式とは

フリント=(発火石)を回転式のヤスリでこすって複数の火花を発生させています。


対する電子式のライター

ライター内部にあるハンマーが圧電素子(加えられた力を電圧に変換する受動素子)に

勢い良くぶつかることで発生する電気エネルギーを利用して1つの火花を発生させています。

※このようなライターはポケトーチには使えません。


このため、ガスの気圧が不安定になる高所・低温地でも

複数の火花が発生するフリント式が有利となるわけですね。



火傷を防げる
使い捨てライターを点火すると

炎が風に煽られて指の方にきてしまう!ということがあります。


ポケトーチなら火口とスイッチが離れているので

火傷の心配がありません。


選べるカラバリ!
ポケトーチAmazon限定カラーも含めると

4種類のカラーバリエーションが発売されています。






また、ポケトーチ用のレザーケースも発売されています!




レザーケース火口の保護にも役立つ形状ですね。



以上がポケトーチを使うメリットとなります!

次に気になる点も見ていきましょう!



気になった点

連続燃焼は1分以内
長時間の燃焼を行うと火口が高温になるため本体の変形・破損などの原因となります。


ちなみにSOTOのスライドガストーチ連続燃焼時間が30秒以内となっているので

炙り料理などにはポケトーチが有利な場合もありますね。



詰め替えのライターに注意
中身のライターはフリント式でサイズが合うものとなります。

比較的よく見かける製品ですが全てのライターが使える訳ではないので注意が必要です。


適合ライターもネットで購入できます。


低温・高温時の対策
低温・高温時はライター内のガス圧の関係で着火しない場合があります。

ポケトーチを一旦外してライターの炎の長さを約5~6cmに調整してみましょう!

それでも付かない低温地の場合には

ライターを手で握って体温で暖めると着火できることがあります♪



まとめ

普段は着火にライターを使わないから

一々メンテナンスや補充をするのが面倒…という方にもおすすめですね。


使い捨てライターの使い勝手火力が上がり

さらに燃費向上にも繋がるというギアです。


ポケトーチを知ってしまえば、使い捨てライターをそのまま使う利点はほぼありません。



T-STYLE
ライターがトーチとなるので
炙り焼きや簡単な溶接などにも使えますね♪

ライターそのままよりも用途は格段に広がります!

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。



スポンサーリンク