持ち運び楽チンの焚き火台

スポンサーリンク

T-STYLEです!

キャンプの主役といえば焚き火ですね。

僕は気分によっていろいろなものを使っていますが

一番最初に購入して今も使い続けているのがこちらです。



ちなみにこちらは購入直後、火入れの瞬間の写真です。




この製品のレビューをお伝えしていきます。

まずは気に入っている部分から




持ち運びが楽

直径60cm×長さ65cmと非常にコンパクトで

積載時はちょっとした隙間に差し込めます。


重量も900gなので女性でも簡単に持ち運べます。

ケースも付属しているので炭や煤が付いていても周りへの汚れを気にせずに運搬できます。



組み立ても楽

脚部分を広げてメッシュの天板の端にある金具を脚の先に引っ掛けるだけです。

面倒なネジ止めや特別な工具も一切使わずに設営が完了します。



燃え残りが少ない

メッシュ構造で空気を多く取り込めるため

火の回りが非常によく、燃え残りが少なく処理が楽です。



視界を遮るものが無い

金属板などを使用した焚き火台では下の方や薪部分が見えないこともありますが

この焚き火台は障害物がなにもないので

薪・炎のすべてが見えます。

先にあげたように火の回りもよく大きめの焚き火を余すことなく観賞できます。





メッシュが破れても安心

壊れやすいのはご想像の通りメッシュ部分なのですが

別売でセットよりもお安く購入できるので

全てを買い換える必要はありません。

キャンプギアの中には

「専用パーツが壊れただけでも全て買い替え」という製品構造をしているものも多いですが

こちらの焚き火台はメッシュ部分だけを取り替え永く使うことが出来ます。



冷めるのが早い

1泊以上のキャンプであれば夜に焚き火を楽しみ翌朝以降の撤収となりますが

デイキャンプは焚き火を最後に楽しんでから撤収という流れも多いです。


その場合に金属板を使用した焚き火台だと台が冷めるまで時間を要しますが

こちらの台はメッシュなので風通りもよく直ぐに片付けることができます。





次にあまり無いですが良くない点を挙げていきます。



収納時に手が汚れる

メッシュ部分を脚に巻きつける工程があるため手が汚れます。

僕は汚れても良い手袋を持参するので問題ないです。

キャンプであれば炭やススに触れてしまうことも多いので

1つは「黒くなっていい手袋」を用意しておくと他の時にも役立ちます。



火の回りが良すぎる

空気の通りが良いため火の回りが速いです。

燃え残りが少なく、見ごたえがありますが

細い薪を使うなら小まめに燃料を足しましょう。


僕にとっては「お気に入りの炭バサミで火の世話をしながら迫力ある炎を楽しむ」

という焚き火の醍醐味が味わえるのであまり欠点ではありません。


以上が良くないところ2つですが、僕自身はあまり不便に感じていないです。



よく心配される点

最後に、この製品を購入する前に僕自身が気になった点や

友人に質問される部分をまとめます。

耐久性は?

メッシュなので一見頼りなさそうですが結構丈夫で

重めの薪を置いても問題ありません。


脚部分もまず曲がらない強度があります。

ちなみに僕は長時間の焚き火や購入当初の収納下手が災いして1度メッシュを破いていますが

それを考えてもすばらしいコストパフォーマンスです。


調理には使える?

こういったトライスタンドを使えばケトル等を温められます。


また、専用五徳はないですが薪を巧く使うとフライパン料理もできます。





まとめ

持ち運びもしやすく焚き火鑑賞にはもってこいの一品です。

荷物をコンパクトに、だけど焚き火はダイナミックにという希望を叶えてくれます。


お値段もお手ごろ価格、他の焚き火台と比べてかなり安い部類に入りますので

コスパ的にもおすすめです。

T-STYLE
直火OKのフィールドが直火禁止になっていた。という緊急事態に備えて
こういったコンパクトなものは常に1つ持っておくと安心です。

また、荷物を減らしたい電車・バイクキャンパーさんにもオススメです

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。



スポンサーリンク