ST-310の欠点を完全カバー!『レギュレータストーブ専用アシストセット』

スポンサーリンク

T-STYLEです!


シングルバーナーの代表格とも言えるSOTOST-310ですが

・点火スイッチが押しにくい
・テーブルに熱が伝わってしまう

などの気になる点があります。



それを解決してくれるのが

今回ご紹介するST-310 レギュレーターストーブ専用アシストセットです。



どのようなセット内容なのか

まずはスペックから見ていきましょう!



スペック

以下の3点のギアがアシストセットとなっています。

・アシストポーチ
・点火アシストレバー
・アシストグリップ



アシストポーチ
外形寸法:直径150×奥行55mm
重量:77g

材質
外側:綿
内側:ポリエチレン


点火アシストレバー
外形寸法:幅22×奥行40×高さ40mm
重量:6g

材質
ワイヤー:ステンレス
本体:樹脂
固定ネジ:スチール


アシストグリップ
外形寸法:直径8×長さ90mm(1本)
重量:2g(1本)

材質:シリコンゴム




ちなみに、アシストポーチについては単品販売がありません。

このセットだけの限定品ということですね。


では続いて、このアシストセットST-310の何が変わるのか

それぞれのアシストパーツのおすすめのポイントを見ていきましょう!



アシストポーチのおすすめポイント!

丈夫な素材
ST-310にも収納ポーチは付属していますが

薄手の巾着袋で、火の粉や高温で溶けてしまうポリエステル系の素材です。



しかし、このアシストポーチ

表面は熱に強い綿素材

内側は汚れ落ちの良いポリエチレンでできています。



厚みはクッションの役目を果たし、多少の火の粉にも耐えます。



チャック式が安心
巾着袋は荷物を出し入れする際や

逆さまにした時に開いて中身が出てしまう恐れがありますが


チャック式のポーチなら不意に開いてしまうこともなく

安心して収納ができますね。




また、ダブルチャックでどちらからでも開閉できます。

大きく開くので出し入れもしやすいです。





内ポケット付き!
アシストポーチには内ポケットがついているので

バーナーパッドや小型のウィンドスクリーンなど

ST-310と一緒に使う小物をまとめておくことができます。




付属巾着ポーチの内側は…
個体差もあるかもしれませんが

ST-310にもともとついてくる巾着袋の内側
本体のこの部分が引っかかってしまい



だんだんとほつれが生じます。

巾着袋外部


巾着袋内部


アシストポーチならひっかかりも少なく

取り出しやすいので

ほつれの心配は非常に少ないです。



点火アシストレバーのおすすめポイント!

スイッチが押しやすい
点火をアシストするレバーなのでこの利点は当然ですね。



もともとはCB缶の方へ押し込むイメージで点火を行いますが

このレバーをつけることで

テーブル(地面)へ押し込む方向のスイッチへ早変わりします。



片手で点火ができる!
今まではCB缶のお尻部分を押さえないと

ST-310ごと動いてしまう構造でしたが


上の項目であげた通り、スイッチを押す方向が変わるため

ST-310ごと動いてしまうことがなくなり

片手で操作が可能です。



火傷が防げる
これは後述するアシストグリップも関わってきますが

まだ五徳部分が熱い時に点火を行おうとすると


五徳に手が触れて火傷をしてしまいます。


アシストレバーをつけた状態なら

五徳に手が触れることはないので火傷を防ぐことができます。


五徳が熱い時に点火?
実際に使用する前には
連続して使う?そんな頻繁に使う??
と考えてしまい、想像しにくい状況かもしれませんが

キャンプ中は突風が吹き
火が消えてしまうということはよくあることです。


このような場合に再点火すると

まだ五徳が熱いので火傷をしてしまうというわけですね。



アシストグリップのおすすめポイント!

滑らない
特に金属製など天板がスムースなテーブルだと

調理中の振動・衝撃でST-310が動いてしまうことがあります。



シリコンゴム製のアシストグリップをつけておけば

滑りにくく快適に調理ができます。



火傷が防げる!
アシスト点火レバーと共通する利点となりますが

火傷への対策としては

アシストグリップからの効果が大きいです。


調理後にバーナーをどかして広々と食事を楽しみたい。

という時にこのアシストグリップがあれば

火傷することなく五徳部分を持ってST-310を移動させることができます。



テーブルへの熱伝導を防げる
木のテーブルを使っている場合

ST-310の五徳部分が焦げたりしないか心配になりますよね。


実際、長時間使っていると焦げ跡が付く場合があります。



しかし、このアシストグリップをつけておけば

熱伝導を防ぐことができるので

テーブルへの被害を心配することなく調理ができます。



以上がST-310レギュレーターストーブ専用アシストセット

に含まれるギアのおすすめポイントとなります。


続いて、このセットについて気になった点をお伝えします。



気になった点

ケースが圧力には弱い?
アシストポーチは布製のソフトケースなので

横からの圧力(潰れ)などには弱いです。


心配な場合は専用ハードケースも発売されているので

そちらを併用しましょう!




専用ウィンドスクリーンとは併用不可
SOTOから発売されているST-310専用ウィンドスクリーン

アシストグリップの併用はできません。


そのため風防として100円均一のこちらの製品

風防として役立ちます。




火口部分にハマるので収納の邪魔にもなりません。





まとめ

CB缶バーナー燃料のコスパも良く

手軽に使える火元と言えます。


中でもST-310持ち運びもしやすいコンパクトなモデルですね。


そのままでも十分に活躍できるギアですが

今回ご紹介したカスタムセットを取り入れることで

ST-310はより一層使いやすいギアとなります。



T-STYLE
T-STYLEはST-310を使い始めて数年してから
アシストセットを導入しました!

しかし、火傷スイッチの押しづらさが気になることは

購入当初から多かったので
最初から導入していた方が正解だったなと思いました^^;;

SNSでいう「いいね!」的なやつです。
押してくれるとモチベーションがとっても上がります(^^)/

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ



スポンサーリンク