調味料を入れるなら『Nalgene(ナルゲン)広口丸形ボトル』

スポンサーリンク

T-STYLEです!

以前の記事にもあるように

キャンプ用の調味料はコールマンのスパイスボックスにまとめています。

調味料をスマートに持ち運ぶ

2017.11.18


しかし、ブッシュクラフトやバックパック装備となると

上記のようなサイズの調味料ケースを持ち運ぶのは困難です。



そこで、よりコンパクトに調味料をまとめてみました。


ケースで持ち運ぶより遥かに小さく纏まりましたね。




念には念をということでボトルををジップロックに収納して持っていきますが

大きさは半分以下です。


今回使ったのはnalgene(ナルゲン) 広口丸形ボトルです。





スペック

30ml
サイズ
蓋部直径:約2cm
本体直径:約2.5cm
高さ:約6cm
素材:HDPE(高密度ポリエチレン)
耐熱温度:120℃
耐冷温度:-100℃


60ml
サイズ
蓋部直径:約2cm
本体直径:約3cm
高さ:約8cm
素材:HDPE(高密度ポリエチレン)
耐熱温度:120℃
耐冷温度:-100℃

どちらも非常にコンパクト!

1泊分であれば問題なく足りる容量で

チタンマグへのスタッキングなども可能です。





利点

漏れない
ナルゲン独自のキャップシステムでパッキンなしでも気密性を保ちます。


ナルゲンボトルは元々研究用として開発されたボトルなので

調味料よりも危険度の高い薬品も漏れないように作られており非常に信頼できます。


よって醤油などの液体調味料や油も安心して持ち運ぶことができるんですね。


T-STYLE
容器内の液体は漏れないのですが
口元に付着した液体は染み出すことがあります。

仕舞う際にはキッチンペーパーなどで
口元をふき取ってあげましょう。



割れない
衝撃に強い高密度ポリエチレン製なので

通常のプラスチック容器などより遥かに丈夫です。


衝撃にも強いため鞄を上げ下ろししたときの衝撃や

万が一の転倒時でも割れにくいです。


以前、100円ショップで買ったプラスチック容器に入れて持ち運んだ際に

転んだ上に調味料が鞄の中で漏れ出るという

2重の悲劇を味わいました^^;



変な匂いがしない
パッキンが使用されている場合

製品によってはゴムのような独特の匂いがします。


香り付けに使う調味料などに

そういった匂いがついてしまうと台無しですね。


高密度ポリエチレンが使われているナルゲンボトルは無臭です。



スタッキングできる
スペックの項目にも前述しましたが60ml2本と30ml1本が

スノーピークのシングルチタンマグ450mlに収まります。


また、メスティンに収納するとこのようなサイズ感です。




垂直方向にスタックできないかと思い

30mlのボトルで試してみたのですが惜しくも収まりませんでした^^;



次に注意点を見てみましょう。



注意点

広口ボトルなので

胡椒など粒の細かい調味料はドバッと一気に出てくることがあります。

手やスプーンに一度とってから掛けるなどの対策が必要です。



関連商品

ナルゲン広口ボトル60mlが6本入るポーチが発売されています。

内側がアルミシートで作られているので

液体をこぼしてしまっても染み込まず簡単にふき取ることが出来ます。




まとめ

液体を含む調味料を持ち運ぶ上で

漏れない、割れない、匂わない。

この三拍子は是非とも押さえておきたいポイントだと思います。


どんな調味料にも使える容器であることも汎用性が高いと言えます。


高温も120℃までOKなので

作りたてのステーキソースなど

オリジナルの調味料を詰めることも可能です。


以上、ナルゲンの広口丸形ボトルのレビューでした。



T-STYLE
燃料用アルコールなど30mlや60mlでは足りないものには
125ml250mlという容量のものも発売されています。

蓋や容器の構造は同じなので、こちらもおすすめです☆

一番最初の写真に写っている大きめのボトルは125mlで「めんつゆ」が入ってます♪

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

スポンサーリンク

ツイッターでT-STYLEを