パワー森林香で虫刺されと無縁のキャンプライフを!

スポンサーリンク

T-STYLEです!

去年はブヨに刺されまくって散々な目に遭いました・・・


今年は虫に負けずキャンプを楽しむために

プロ仕様のパワー森林香を欠かさず焚く戦略です!



林業や農業を行うプロの方も使用しているというこのパワー森林香

赤函という名称でも親しまれています。


一般の蚊取り線香とは何が違うのかを見てみましょう。



防げる虫

一般的な蚊取り線香はを対象とした物が多いですが

フィールドに現れる虫は蚊だけはありませんよね。

もっと危険なアブブヨ

厄介なチョウバエも寄せ付けない効果を発揮します。


その秘訣は次のような製品の工夫によるものです。



防虫成分2倍

メトフルトリンと呼ばれる、殺虫及び虫が忌避する成分が

一般の蚊取り線香に比べて2倍含まれています。


このメトフルトリンは人体に対して安全性の高い成分になります。



煙の量が多い

製品の厚みが太く煙の量2倍近く出るため

軽い煙幕のような状態となり虫を寄せ付けません。


ここまで強力な効果を発揮するパワー森林香ですが

更に良いのはこの製品はネットショップドラッグストア

ホームセンターアウトドアショップで普通に購入できます。


虫が寄り付かないけど購入が困難であれば

キャンプの日に思うように揃わず結局使えないという結果になります。


一般人でも買えると言うのは利点ですよね。


続いて使う上での注意点を挙げていきます。



注意点

煙が多すぎる
テント内や風の少ない日のタープ内など

空気の篭った場所で使うと

いくら人体に害の無い成分と言っても少々煙いです。


煙が自分のサイトを通り過ぎるような配置で置くと良いです。



普通の蚊取り線香ケースに入らない
製品の厚みがあるため専用のケースでないと

入らない仕様となっています。



屋外で立てる場合はこのようにペグ空き缶のプルトップを利用すると

安定良く使うことが出来ますが

体に密着させたい場合には専用のケースを使って

腰から下げることが出来ます。





ここまではパワー森林香を使った防虫のお話でしたが

フィールドでは360°自然に囲まれることになるので


風向きの変化などに対応出来るように1箇所だけの防虫よりも

さまざまな防虫グッズで多角的に対策を行うと効果が上がりますので


取り入れたい防虫グッツをご紹介します。



その他の防虫グッズ

防虫オイル


天然ハーブの香りで防虫効果を発揮します。

オイルランプ、オイルランタン、ハリケーンランタンなどの燃料となります。



ボディスプレータイプ


蚊に効果を発揮するもので

さわやかな香りの精油で虫を防ぎます。



さらに、長袖長ズボンを心がけるなどの対策をとると効果的です。



まとめ

虫刺されに合うと

その日だけでなく数週間も弊害がでることになり非常に苦痛です。


防虫グッズを揃えることで快適なキャンプを楽しみましょう!



T-STYLE
サイト内では蚊取り線香を焚いていても
トイレや水道などサイト外へ離れた時に刺されることが多いです。

そういった防虫効果外へ行くことも想定し
携帯用や自身の体にスプレーするタイプも併用しましょう☆

SNSでいう「いいね!」的なやつです。
押してくれるとモチベーションがとっても上がります(^^)/

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ



スポンサーリンク